テーマ型投資信託ファンドにおけるフィンテック

テーマ型投資信託ファンド

投資信託ファンドの世界においては、注目されているテーマに関連する企業群に集中して投資をするテーマ型ファンドという分野があります。このテーマ型ファンドにおいて、最近注目されているものの一つに、フィンテックと呼ばれる分野があります。皆さんも、フィンテックという言葉を耳にされたことがあるのではないかと思いますが、いったいフィンテックとはどのようなものなのでしょうか。ここでは、この点について少し掘り下げていくことにしましょう。

フィンテックとは何か?

フィンテックとは、英語ではFinTechという綴りとなり、FinanceとTechnologyを組み合わせた造語となっています。つまり、Technologyの活用によって、既存の金融機関のやっている業務を置き換えてしまおうという動きのことです。例えば、フィンテックの一分野であるSocial Lendingは、インターネットにより資金の貸し手と借り手を結び付けることにより、銀行による融資の代わりにしてしまおうという試みです。

既存金融機関への脅威?

それから、クラウドファンディングという言葉を耳にされた方も多いのではないかと思いますが、これもFinTechの一分野で、インターネット上で多数の人から資金調達を行うという仕組みのことです。つまり、銀行からわざわざ資金調達を行わなくても、このような方法で資金が調達できるということなのです。また、銀行業に限らず、証券業の分野においても、ロボ・アドバイザーというFintTechの一分野などが最近は登場しています。

投資とファンドで成功したいなら、インターネットを駆使して積極的に情報収集を行いましょう。有益な情報が満載の掲示板が見つかります。