パソコン教室が多くの年齢層に人気の理由!

大学生のパソコン離れに危機感!

大学生がパソコンの使い方を知らないことがニュースになっていました。パソコンの代わりにスマートフォンを使ってレポートや論文を書いている人がいます。会社では新入社員がワードやエクセル、パワーポイントといった仕事に必要不可欠なソフトが使えずに上司が頭を悩ましています。中学や高校でパソコンを習っているはずですが、大学4年生になって慌ててパソコン教室に通う大学生が増えていることに驚きです。将来スマートフォンが仕事の主流になるかもしれません。

パソコンは簡単に取ることが出来るのか?

就職や転職のたに資格を取得する人が増えています。MOS資格とご存知ですか、これはワード、エクセル、パワーポイントなどのスキルをマイクロソフトが認定する世界的な資格制度です。普段ワードやエクセルを使っているから簡単に合格できると思っても以外に知らないことがあったりします。パソコン教室では実務の操作や知識はもちろんですが、MOS資格の対策としてカリキュラムを組んでいるので分かりやすく短時間で学習することができます。

いつまで活躍できるパソコンの世界

仕事で使っていたパソコンを引退してから趣味の活かす方が増えています。仕事以外に使うのは年賀状を作成するときぐらいだった方が、パソコン教室に通って写真を加工したりデジタルアートに挑戦したりしています。パソコンにはそれなりに触っていたので、コツさえ分かればあとは自分のペースで楽しんでいます。なかには趣味に収まらず注目を集め、メディアで取り上げれたり、自身のホームページで公開したり活動の場を広げています。

今やパソコンは一人一台の時代です。私生活でも仕事でも使いこなせることが常識となりました。しかし、本当はわからないことも多く、人にも聞きづらい、そんな方のためにこそパソコンスクールは頼りになります。