カードローンは金利で選ぶ!?総量規制に気をつけよう

カードローンは適用法律が違う

カードローンを提供している金融機関は、銀行、信販会社、消費者金融と3種類あります。それぞれ利用している個人信用情報機関が異なりますが、適用される法律にも違いがあるので利用前に注意しておきたい所です。信販会社と消費者金融は、貸金業法による貸付が行われるために原則として年収の1/3以内の金額のみ借りられる総量規制の影響を受けます。一方で、銀行は銀行業法により貸付を行うことから、総量規制対象外となり審査次第では年収の1/3を超える貸付を受けられます。

銀行カードローンなら安心

貸金業法に基づく貸付では、常に総量規制に引っ掛からないかという確認作業が伴います。銀行カードローンを選択すれば、利用可能枠の範囲内で繰り返し貸し借りが可能です。いざ利用しようとした際に、利用可能枠はあるのに借りられないという心配が少ないことから銀行カードローン契約があれば安心出来ます。貸付金利は個人の与信力により異なる利率が適用されます。信販会社や消費者金融を利用するよりも利率が低いことが多いので、年間に支払う利息を減らせるわけです。

おまとめローンは例外です

貸金業法に基づく貸付を行う信販会社や消費者金融にも、複数の借入をまとめて借り換えるタイプのおまとめローンについては債務者に有利な契約となるため、総量規制対象外とされています。貸付金利は利息制限法により規制されていますが、貸付金額が大きいほど上限利率が低く設定されるため、おまとめローンに借り換えることで個別に金利設定している場合よりも安い金利で借りられます。総返済額も金利が下がった分だけ減らせることが出来るので安心です。

カードローンの比較にはしっかりと時間をかけましょう。安易に金利やネームバリューだけで決定をしてしまうと思わぬ落とし穴が潜んでいる場合があります。