これだけある!信用取引で取引をすることのメリット

持っているお金以上の取引が可能

もし、現物取引で株の取引をしている場合は、50万円持っているのであれば、50万円分しか取引をすることができません。しかし、信用取引を使うことによって、最大で3倍の150万円分の取引をすることが可能となります。これをレバレッジ効果と呼びます。このレバレッジをうまく活用することができれば、利益も通常の3倍となり、少ない資金でも大きな利益を上げることも可能ということが言えるでしょう。ただし、損失も3倍になるので、あまり大きな資金を投入する際には注意が必要になってきます。

株価下落時にも利益を出すことができる

株価というものは暴落することもありますし、下落することもあります。そういった場合、買った株は損失を抱えるということになります。しかし、信用取引では、空売りを行うことができるので、株価が下落しているときでも利益を上げることができます。空売りの場合は、安く買って高く売るのではなく、高いところで売って安いところで買い戻すことによって、その差額が利益となるので、株価を買う場合とは全く逆の現象が起こるということになります。

株主優待をお得に手に入れることができる

現物取引の買い注文と同時に信用取引の売り注文を行うことで、株価の変動のリスクをなくすことができます。なぜなら、株価が上がれば買い注文が利益になり、株価が下がっても売り注文が利益になるので、プラスマイナスゼロという状態になります。例えば、株主優待だけを手に入れたいときに、この方法を使えば、株価が上がったり下がったりしても、利益も損失はなく、株主優待だけを手に入れることができることになります。ただし、株主優待をもらうためには、株主優待の権利付き最終日までに株を買っておく必要があります。

信用取引は自分の所有してる財産を担保に、証券会社からお金を借りて投資することです。手持ちの資金以上の投資が出来るようになり、幅が広がります。