親のエゴで子供に無理をさせるな!転校は自分の意志で人生を切り開くチャンス

学歴がネックになることは多々あります

高校へは行きたい学校へ通うと言うよりは、入学できる高校へ通っている子供が多く、入学後に違和感を感じるのも無理がありません。高校は義務教育ではないので、生徒はもちろん国・保護者・教師も無理してまで通わせる必要はなく、心に傷を負うくらいなら退学も選択の一つです。職人の世界では、思考が柔軟な中卒者を求む傾向があり、学歴がネックになることは多々あります。自治体によってはゴミ収集の業務を公務員が行っていますが、大卒だとゴミ収集の業務に就けず、大卒者が公務員になる場合は専門職などハードルが高まります。

保護者の偏見が子供を苦しめている

日本では高校進学率は97パーセントを超えており、せめて高校くらいは卒業しておきたいと考えるのは本人も保護者も違いはありません。しかし、高校でのイジメや集団生活に馴染めない子はいるので、その場合は他の選択肢を用意しておくのも保護者や教師の務めです。少子化の今日、生徒集めに困窮している高校は多く、転校が障害になることはありません。転校での一番の障害は、ドロップアウトするのではないかという保護者の偏見であり、保護者の偏見が子供を苦しめています。

転校は自分に合う道を選択できるチャンス

入学できる高校へ無理して通っているので、高校生活に違和感を覚えるのは正常な証です。大概の生徒は、違和感を抱えつつ通うことが大人へのステップと自分に言い聞かせていますが、子供が不登校になったら大人へのSOSと捉え、まずは休学させる以外に選択はありません。このSOSを見過ごすと心のしこりとなり、治療が困難な精神疾患を引き起こす恐れがあります。高校は通信教育もあれば、大検に受かれば同い年の子と同じように大学へ進学することも出来ます。転校は自分に合う道を選択できるチャンスと捉え、前向きに生きましょう。

高校を転校したら緊張すると思います。そんな時はリラックスすることが大事だと思います。頑張ってください。